[Hack] アップデータの解析

HACGUI

アップデータはHACGUIを使って取得するのが一般的です。

ダンプしたアップデータはNSPかNCA形式のどちらかなので、それをまずは展開しましょう。

NSP to NCA

hactoolを利用してXCIとNSPからNCAを抽出して、更にNCAからアップデータを展開できるバッチファイルをつくりました、どうぞ。

NCAの展開にあたってはprod.keysが必要になるので、取得方法については以下の記事を参照にどうぞ。

あとはこのDecrypt.batに対してNSPファイルをドラッグアンドドロップすればNCAとして展開してくれます。

というか、アップデートの差分を抽出するためには初期バージョン1.0.0のデータが必要です。

これはカートリッジからそのまま抜きだせるので問題ないでしょう。

NSPと同様にXCIをDecrypt.batにドラッグアンドドロップします。

最終状態

アップデータ差分の抽出

このままではただのNCAファイルですので、これを展開します。

とりあえず4.8.0のアップデータにしか対応していないので、よくわからん人はまあバッチファイルの中身をみて頑張って理解してください。

よく考えたら北米版を使っていない人だとファイル名違うかもしれませんな、これ…

動かなかった人は以下のコマンドを参考にして手打ちしてみてください。

480.ncaと100.ncaはそれぞれそのフォルダ内で一番大きい(サイズが2GB以上ある)ファイルです。

hactool nca\480.nca --basenca nca\secure\100.nca --exefsdir=exefs --romfsdir=romfs --onlyupdated
ファイル展開中

なんかエラーでるかもしらん、でたらゴメンね(てへぺろ

ファイルの展開に成功!