[将棋] 次の一手 六日目

昨日の解答

詰将棋風

さて、初手としてぱっと見えるのは☗5一金でしょう。

ちなみに、王手をかけたくて☗5一金打とするのは大悪手です。

ところが、正解は☗5一金ではなく☗5二金と金をタダで捨てる手でした。

ちなみに☗5一金 ☖6二玉 ☗5二金でも詰むので☗5一金は悪手ではありません。

単にもっと早く詰む手順があったというだけです。

☗5二金まで

タダの金なのですが、逃げれば☗6二金で詰んでしまいますのでこれは☖同玉と取る一手です。

それに対して再び☗4一銀と捨てるのが上手い手順で、角と金銀がある状況ではいつでも発生する詰み形なので覚えておきましょう。

これは取れば☗4二金までの頭金の形なので☖6二玉か☖6一玉と逃げるしかありません。

しかしそこでまた☗5一馬と馬を捨てるのが好手。

☖同玉は☗5二金で詰みなので☖7一玉か☖7二玉と逃げるしかありませんが、どちらに逃げても☗6二金までで詰みです。

実戦形式

詰まされた飛車を活用する☗7四飛が好手!

☖同玉とすれば☗7五金 ☖8三玉に対して☗6四歩が王手金取りで後手は痺れてしまいます。

☖同玉とはとれないので☖同金と応じますが、☗7五歩が相手に余裕を与えない鋭い一着です。

☖7五金 ☗同金と進んだ局面は後手の玉頭を上手く攻められており、先手は堅陣を活かしてそのまま押し切ってしまえそうな格好です。

☗7五金まで

本日の問題

詰将棋風

後手の渡辺二冠が☖9七角と指した局面です。

いつかは☗3一竜と切りたいのですが、今はまだ少し早そうです。

☖5三角成 ☗同成桂となると攻め駒が後手玉から遠ざかってしまうのでそれは避けたい変化です。

上手く相手玉を寄せる手順を探してみてください。

出典第八回朝日杯将棋オープン戦決勝
難易度初段
目標時間三分

実戦形式

検討ソフトorqha
検索ノード数1,000,000,000

将棋ウォーズより広瀬竜王とスナイパーボーイ氏の対局から問題を作成しました。

居飛車穴熊vs振り飛車穴熊の局面ですが、一般的には穴熊に囲えた時点で居飛車側に仕掛けの権利があるため居飛車側が少し有利とされています。

実際、この局面は深さ31探索で先手が若干指しやすいようです。

さて、一見すると何をしていいのかどうかわからない局面ですが、ここから三手一組の攻めの手順がありますのでそれを示してください。

指し手評価値
最善手☗3七桂+266
次善手+164

ちなみに最善手は☗3七桂と力を貯める手でこれも十分考えられる手です。

次善手を考えるというのも変ですが、是非ご一考ください。

[amazonjs asin=”4839938210″ locale=”JP” title=”広瀬流四間飛車穴熊勝局集”]