[将棋] 次の一手 二日目

昨日の解答

詰将棋風の問題は実は詰んでいない問題だったのですが、気付けたでしょうか?

詰将棋風

☗7四桂まで

正解は☗7四桂でした

この局面は詰みはないので、寄せを考えなければいけませんでした。

ヒトコト

放置すれば☗8二角成の一手詰めですので、これを受けなければいけませんが☖9三銀としても☗8二金 ☖同銀 ☗8二角成で詰んでしまいます。

したがって、☗7四桂は詰めろなのですが、これを☖同歩や☖同馬と応じると詰んでしまいます。

☖同馬まで

ここで更に☗8四桂と追撃するのが骨子で、歩と馬のどちらでとっても8四の地点が塞がってしまうので☗8二金から詰みます。

よって、☗7四桂はただの詰めろではなく必至だったということです。

[amazonjs asin=”4861370272″ locale=”JP” title=”寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)”]

実戦形式

全くの同型はないと思いますが、似たような局面は角換わりや相掛かりで見られると思うので攻めの手順を覚えておきましょう。

最善手:3五歩

放置すれば☗3四歩と取り込んで玉頭に大きな拠点が残りますし、☖同歩とすれば☗同銀として一歩交換に成功します。

次善手:7五歩

手持ちに歩が一枚あるのでこの桂頭攻めも成立します。

☖6三銀とひかせれば脅威が大幅に軽減されますし、☖6三金は相手の陣形を大きく乱して十分な成果です。

本日の問題

今日の問題も昨日と同じように美濃囲いが崩れたような格好をしています。

守り駒は多いですが、逃げ道がなく不安が残る陣形です。

詰将棋風

作者小林健二
難易度二級
目標時間三分

銀二枚が守っていて一見すると堅そうですが、上手い手順があります。

美濃囲いを崩した終盤のような局面です。

後手玉が詰むのであれば詰まし、詰まないのであれば上手い寄せの一手を示してください。

実戦形式

検討ソフトorqha
検索ノード数1,000,000,000
実戦形式

角換わり4八金型から先手が☗4五桂と仕掛けた手に対してのちのちの桂取りを見越して後手が☖2二銀とひいた局面です。

無条件で☖4四歩と突かれてはいけないので上手い手を示してください。

評価値
最善手+266
次善手+164

こちらはなかなか難しくて、自分ではなかなかその手を発見できませんでした。

言われてみればなるほどなあという手順で、先手がしばらく攻める格好になりそうです。