FW8.0.0アップデートが来た

FW8.0.0での更新点

弊社製品をより快適にご使用いただくため、Nintendo Switchではネットワークダウンロードによる本体機能の更新を実施しています。システムバージョンが最新ではない場合、最新のバージョンに更新してご使用ください。

公式からの説明されている変更点は以下の通り。

8.0.0(2019年4月16日配信開始)

  • HOMEメニューの「すべてのソフト」のなかで、ソフトをタイトル順などで並べ替えられるようにしました。
    • 「すべてのソフト」はHOMEメニュー上にソフトが13個以上ある場合に表示されます。
  • 過去に配信されたものも含めて、配信中のすべてのゲームニュースを見ることができるようにしました。
    • 「ゲームニュース」→「Y チャンネル別に見る」→「もっと見る」で見ることができます。
    • すでに配信が終了しているゲームニュースは除きます。
  • ユーザーに設定できるアイコンを追加しました。
    • 『スプラトゥーン2』より9種類、『ヨッシークラフトワールド』より6種類を追加しました。
  • 「データ管理」で「セーブデータの引っ越し」をできるようにしました。
    • 2台目の本体へゲームソフトごとにセーブデータを引っ越しして、続きから遊べるようになりました。
    • 引っ越しを行うと、元の本体からはセーブデータがなくなります。
  • 画面の表示を拡大できるようにしました。
    • 「設定」→「本体」から設定できます。
    • この設定をONにすると、HOMEボタンを2回連続で押すことで画面の表示が拡大されます。
  • 「スリープ」の設定に「ACアダプターを抜き差ししたときにスリープ解除」の項目を追加しました。
    • この設定をOFFにすると、Nintendo Switchドックから本体を取り出したときにスリープが解除されません。
  • 本体の「みまもり設定」でVRモード(3D映像)の視聴を制限できるようにしました。
    • スマートフォン向けアプリ「Nintendo みまもり Switch」への対応は後日予定しています。
  • 以下の機能名を変更しました。(機能に変更はありません)
    • 「セーブデータのオンラインバックアップ」 → 「セーブデータお預かり」
    • 「ユーザーとセーブデータの引っ越し」 → 「ユーザーの引っ越し」
  • いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上させました。

Hackシーンに対する影響

メジャーアップデートで問題の修正・動作の安定性を向上したとあるように、Hackシーンにも大きな影響を与えているようです。

Deja Vuの修正

今までこっそりと開発が続けられていたDeja Vuが修正されてしまったようです。

deja-vuのリリースに関して: 去年の夏にオリジナルのDeja VuのソースコードがHDDの故障で失われてしまいました。しかしながら4.1.0以下ではnspwnがmmioアクセス可能なので4.1.0以下ではすぐに使えるようになるでしょう。数日待ちましょう。

https://twitter.com/SciresM/status/1117956052790546437

Deja Vuとは

Deja Vuとはシステムファームウェア初期からニンテンドースイッチに存在するソフトウェア的な脆弱性のこと。

ソフトウェア的な脆弱性なのでいつでもパッチで塞がれてしまうのだが、7.0.1までは根本的なところが修正されておらず利用可能でした。

ところが8.0.0で完全にその脆弱性が塞がれてしまいました。

つまり、「対策済み基板のSwitchは現時点ではDeja Vuを使ってHackするのは7.0.1以下限定である」ということが確定したということです。

理論的には必要なものはそろっているので、7.0.1以下であれば将来的にDeja Vuが使えるようになります。もしDeja Vuを利用したいと思うのであれば8.0.0にアップデートしてはいけません。

https://twitter.com/SciresM/status/1117956347536953344

今まで塞がれることを懸念してDeja Vuについての詳細は語られてきませんでしたが、今回完全に塞がれたことで情報が公開される見込みです。

atmosphereについて

詳しい情報がわからないのですが、TSECキーやその周辺の実装が変更されていなければatmosphereはFW8.0.0でも動作するはずなんですが、どうなんでしょう?

CFWが動かなかったとき、NANDから復旧するのがめんどくさいのでできればやりたくないのですが…