[Hack] XCIのダンプとNSPへの変換

XCIって

XCIとはニンテンドースイッチのゲームカートリッジからダンプしたときのファイル形式のこと。

自分の購入したゲームをバックアップすると最初は必ずこのXCIになるのだが、XCIを直接起動できるCFWはSXOSしか現状存在していません。

では他のCFWではどのようにしてバックアップを起動しているのかというとNSPというファイル形式に変換してそれをインストールすることで実現しています。

NSPというのはeShopでゲームを購入してダウンロードしたときのファイル形式で、NSPはそのことからeShop形式と言われたりもします。

というわけで、SXOS以外ではXCIをNSPに変換する手順が別途必要なのですが、今回はとりあえずまず最初にゲームカートリッジからXCIをダンプする手順について解説したいと思います。

WAIN DUMPER

WAIN DUMPERはhb App Storeからはインストールできないのでファイルをネットから探してくる必要があります。

最新版は2.0.0なのでそれをダウンロードしてきます。

ダウンロードして解凍したらフォルダごとSDカードのswitchフォルダに突っ込みます。

ここまでできたらMicro SDをニンテンドースイッチに戻してCFWを起動します。

WAINDUMPGUI

当たり前ですがゲームカートリッジを入れた状態で起動してください。

設定画面
  • Destination(保存先)は「SD」を指定
  • Remove Cert(証明書を削除するか)は「NO」を指定
  • Splitting(ファイル分割するか)は「NO」を指定

Remove CertはYESでも別に問題ない気がしますが、NOでも特に困らないのでNOでいいのでは?という気がしています。

Aボタンを押せばカートリッジのダンプが始まります。

ダンプ成功
ゲームのダンプデータ

SDカードをPCで読み込むとSDカードの直下にゲームのダンプが保存されています。

SDカードでは作業がしにくいのでこのデータはPCにコピーするのが良いでしょう。

XCI to NSP

先述したようにXCIはそのままではatomosphereなどでは起動できないので、NSPに変換する必要があります。

変換にはkeys.datというファイルが必要なのですが、これはニンテンドースイッチの本体から取得できます。

Lockpickを使ってダンプしたprod.keysというファイルの名前をkeys.datに変更するだけで使えます。

keys.datが正しくダンプできている場合は以下のようなログがでて変換が始まります。

変換にはそれなりに時間がかかるのでお茶でも飲みながらゆっくり待ちましょう。

NSPのインストール

Goldleafを使うのが簡単です。

まとめ

だいぶ記事が充実してきた気がします。

これで、全部データを失っても簡単に普及できそうです。