no-image

[サーバ初期設定]いろいろ

Apache関連

いっつもなにをしたのかわからなくなるので忘備録として。

これでPHPも有効化されるはず。

PHP7.2のモジュールをインストールする

sudo apt install php-pear php-fpm php-dev php-zip php-curl php-xmlrpc php-gd php-mysql php-mbstring php-xml libapache2-mod-php

PHP7.2をデフォルトにする

sudo update-alternatives --set php /usr/bin/php7.2

PHP7.2を有効化する

sudo a2enmod php7.2
sudo systemctl restart apache2

SESSIONの期間を変更する

sudoedit /etc/php/7.2/apache2/php.ini
  • session.auto_start
  • session.cookie_lifetime

auto_startはPHP起動時にsession_start()を実行するかどうか。書いておいても損はない気がするが、環境によってはクローンしてきたコードの実行に失敗しそうなのでちょっと心配。

cookie_lifetimeはセッションキーの保存期間のこと。デフォルトでは0になっていて、この状態ではブラウザを閉じるとクッキーが破棄される。また、24分間ページにアクセスしないと同様に破棄される。

自分の場合はそこまでセキュリティにこだわるサイトではないので保持期間を二週間とした(1209600秒)

vim関連

vimとはこの世で最も優れたエディタである。

デフォルトのエディタをvimに変更する

nanoとか使うやつおるかー?

sudo update-alternatives --config editor

vimrcを設定する

以下のgitをクローンしてきてフォルダ内のlink.shを実行してからvimを起動すれば良い。

このとき、vimはtinyではなくnoxを利用すること。

sudo apt install vim-nox

deinを設定する

Deinとは?

Dein.vim is a dark powered Vim/Neovim plugin manager.

なんだこの厨二くさい紹介はwwwだがそれがいい。

実はh4nyu氏が作成したリンクスクリプトを実行すると大体のことは設定してくれる。

vimprocを設定する

vim上からテストを実行できるといかいうすばらなプラグイン

g++が入っていないとビルドできないのでそれをインストールする。

sudo apt install g++

でオッケー。自動的に最も新しいバージョンがインストールされる。

システム関連

弄るときは慎重に。

SSLの自動更新

certbotのオプションのrenewコマンドで証明書を更新できる。

sudo certbot nerew

bashrcの編集

.bashrcはログイン時に読み込まれる設定ファイルである。

alias vi='vim'

# If not running interactively, don't do anything
case $- in
    *i*) ;;
      *) return;;
esac

export EDITOR=vim

# don't put duplicate lines or lines starting with space in the history.
# See bash(1) for more options
HISTCONTROL=ignoreboth

# append to the history file, don't overwrite it
shopt -s histappend

# for setting history length see HISTSIZE and HISTFILESIZE in bash(1)
HISTSIZE=1000
HISTFILESIZE=2000

# check the window size after each command and, if necessary,
# update the values of LINES and COLUMNS.
shopt -s checkwinsize

# set variable identifying the chroot you work in (used in the prompt below)
if [ -z "${debian_chroot:-}" ] && [ -r /etc/debian_chroot ]; then
    debian_chroot=$(cat /etc/debian_chroot)
fi

# set a fancy prompt (non-color, unless we know we "want" color)
case "$TERM" in
    xterm-color) color_prompt=yes;;
esac

# uncomment for a colored prompt, if the terminal has the capability; turned
# off by default to not distract the user: the focus in a terminal window
# should be on the output of commands, not on the prompt
force_color_prompt=yes

if [ -n "$force_color_prompt" ]; then
    if [ -x /usr/bin/tput ] && tput setaf 1 >&/dev/null; then
        # We have color support; assume it's compliant with Ecma-48
        # (ISO/IEC-6429). (Lack of such support is extremely rare, and such
        # a case would tend to support setf rather than setaf.)
        color_prompt=yes
    else
        color_prompt=
    fi
fi

if [ "$color_prompt" = yes ]; then
    PS1='${debian_chroot:+($debian_chroot)}\[\033[01;32m\]\u@\h\[\033[00m\]:\[\033[01;34m\]\w \$\[\033[00m\] '
else
    PS1='${debian_chroot:+($debian_chroot)}\u@\h:\w\$ '
fi
unset color_prompt force_color_prompt

# If this is an xterm set the title to user@host:dir
case "$TERM" in
xterm*|rxvt*)
    PS1="\[\e]0;${debian_chroot:+($debian_chroot)}\u@\h: \w\a\]$PS1"
    ;;
*)
    ;;
esac

# enable color support of ls and also add handy aliases
if [ -x /usr/bin/dircolors ]; then
    test -r ~/.dircolors && eval "$(dircolors -b ~/.dircolors)" || eval "$(dircolors -b)"
    alias ls='ls --color=auto'
    #alias dir='dir --color=auto'
    #alias vdir='vdir --color=auto'

    alias grep='grep --color=auto'
    alias fgrep='fgrep --color=auto'
    alias egrep='egrep --color=auto'
fi

if [ -f ~/.bash_aliases ]; then
    . ~/.bash_aliases
fi

# enable programmable completion features (you don't need to enable
# this, if it's already enabled in /etc/bash.bashrc and /etc/profile
# sources /etc/bash.bashrc).
if ! shopt -oq posix; then
  if [ -f /usr/share/bash-completion/bash_completion ]; then
    . /usr/share/bash-completion/bash_completion
  elif [ -f /etc/bash_completion ]; then
    . /etc/bash_completion
  fi
fi

別にどんな内容を書き込もうと構わないのだけれど、個人的にはこれがシンタックスハイライトが見やすくて気に入っている。

sudoのパスワード要求を無効化

参考文献はこちら

sudo visudo

でvisudoを編集する。

me ALL=(ALL:ALL) NOPASSWD ALL

で無効化されたはずなんだけど、今やると何故か無効化されていない…なんで?