no-image

[批評]五等分の花嫁を見た[簡易ネタバレ]

五等分の花嫁

[amazonjs asin=”B0764YVB8W” locale=”JP” title=”五等分の花嫁(1) (週刊少年マガジンコミックス)”]

[amazonjs asin=”B07MLXN1G6″ locale=”JP” title=”五等分の花嫁”]

プライム会員なら無料で全話見れます。

というか、プライム会員だったので11話まで全部見ちゃいました。

ちなみにアニメのキャプチャについては以下の手法を早速試させていただきました。

PythonとOpenCVが入っていればどうにでもなるので便利ですね。

保存したPNG画像をJPG画像に変換するところはまた別記事にしたいと思います。

作品を好きになるとは何か

まず、最初に五等分の花嫁の脚本についていろいろ文句を言いたい。

というか、別にこれは五等分の花嫁に限ったことではないのだが…

さて、読者の皆様に問いかけたいのだが小説・漫画・アニメなどの創作物を好きになるにあたって最も大事なこととはなんだろうか?

いろいろ考えがあるだろうが、個人的には「主人公を自分の立場に置き換えたときに共感できるかどうか」が最も大事な気がしている。

つまり、ヒロインにツッコミを入れるのはアリなのだが、主人公に「いやいやお前それはないだろ」とツッコミが入るようではその作品を本当に好きになることは出来ないという説である。

とにかく主人公にイライラする

この作品、まあヒロインが五人もいればそれぞれキャラ付けしなければいけないだろうし、現実的に見れば頭のおかしい挙動をするキャラクターがでてきてしまうのも仕方ないのである。

それはいいのだが、主人公の無神経さにとにかく終始イライラさせ続けられた。

というか、リアクションがいちいち大きいキャラは好きじゃないのかもしれない。

五つ子だからって妙に五等分をプッシュしてきてるのもなんか納得できない。

「身体能力は同じはず」はまあまあわかるとして、女の子と喋っているときに突然「後天的に~」とか言い始めるとか空気読めなささがハンパない。

「頑張ったから他の姉妹より上手になった」みたいな言い回しできんのかー!!

これ以上書いていたら愚痴になってしまうのでこのくらいにしておく。

ちなみにぼくが好きな男性主人公というのは福永くんだったり、篠原くんだったりします。

設定に無茶がありすぎる

この作品だけに限らずぼくが嫌いな設定の一例を挙げる。

メガネをかけると誰も同一人物だと気づかない

どんだけメガネ神聖化してるんだよ!!!ねーよ!!!!!

メガネを外すと視力が悪すぎて人の区別がつかない

ぼくは視力が0.01以下ですが、メガネを外しても知っている人なら誰がいるかわかるし、男女の区別がつかないなんてことは絶対にない。

なんでこんな無茶苦茶な設定が一般的に使われているのか理解に苦しむ。

主人公とヒロインが同じ部屋で寝る

もうこれは絶対にない。

これを許可するならヒロイン側が完全に主人公に惚れている。

お互いに好きあっているという背景があるならアリ。そうでないならナシ。

「襲う/襲わない」とか「男女の性差」とかじゃなくて個人的には単純にモラルの問題。

いい年して恋人でもないのに同衾するのはちょっと作品として受け入れられない。

「男女七歳にして席を同じゅうせず」っていう諺もありますしね。

林間学校のときもそうだけど、そもそも最初の家に泊まるっていうのがあり得ない。どんな状況だよ。

お父様の成果主義

誰か一人でも赤点とったら家庭教師をクビっていくらなんでも性急すぎませんかね…

そんな短期間でどうにかなったらこんなことになってないでしょ。

戸棚から薬品や重いものが落ちてくる

薬品に関しては地震落下破損を防ぐために落下防止装置をつける等の対策が普通はなされています。

簡単に戸棚から落ちてきたりはしませんのでご安心ください。

この高いところから物が落ちてきて「あぶなーい」からのなんちゃってスケベのテンプレ見すぎて流石にもう飽きた。

てか、落ちてきて困るものを高所に保管するのはやめたほうがいいです。

ロープも張っていない崖

これもまあ相当テンプレ化しているんだけど、なんでこうも創作物は垂直に反り立った崖がこうもポンポンでてくるんですか。

で、どの作品も立ち入りを禁じるロープや金網の一つもないというのがまたおかしい。

どんだけ人の手が入ってないんだっていう感じ。

というか、人の手が加わってないのはいいとしてなんでそんなところにのほほんと遠足に行っているんだっていう感じ。

ヒロインがみんな主人公を好きになる

いろいろ書いたけれど、最も嫌いなタイプの脚本はこれかもしれない。

ニセコイしかり、はがないしかり、五等分花嫁しかり、なんとか100%しかり、登場人物の女の子が揃いも揃って主人公を好きになる展開が好きになれない。

というか、煮え切らない態度を取る主人公にもイライラする。

だから美少女ケームが原作のアニメは大体ちょっと苦手です。

なんというか、もっとニュートラルなヒロインがでてきてほしいんですよ。

なにが言いたいかというと舞ちゃんのような女の子は見ていて楽しいということです。

三玖がかわいい

正直、11話までアニメを見ることが出来たのは彼女の存在が大きい。

きくところによると彼女は人気でもぶっちぎりのトップだという。

2018年に行われた人気投票によると、以下の結果らしい。

三玖2393
四葉1403
五月1235
一花1170
二乃1003

完全に一人勝ちじゃないか!!!!!

というわけで、しばらく三玖さんのスクリーンショットをご堪能ください。

ヘッドホンをつけているシーンを見たことがないのですが、つける日はくるんでしょうか??

まとめ

お世辞にも脚本が面白いとは言い難いが、三玖のキャラクターがそこそこ好みなので最後までは見れそう。

あと、巷では作画がひどいとかどうとか言われていますが、個人的にはどうでもいいです。もちろん、作画は良いほうが嬉しいですけどね。

最終的に花嫁が誰になるか作者自身も曖昧にしているところから、人気投票の結果で分岐を変えてくるんじゃない?っていう気がしています。

属にいうところの俺妹手法ですね。

多数派が得をするのでオチには納得していただける可能性が高いという意味で安全ですね。

なんちゃら100%みたいな悲劇を繰り返してはならないのだ…