新型iPadは “買い” である!!

新型iPad

Appleの製品紹介もなくいつの間にか新機種がでているという、俗にいう「サイレントアップデート」と呼ばれるものです。

Macbook ProのCPUがこっそり新型にグレードアップしていたことを覚えていらっしゃる方もいるかも知れません。

新機種が発売されたことで、iPadのモデルは全部で4つになりました。

それぞれの特徴について考えていきましょう。

iPad Airについて

見た目はiPad第六世代にそっくりですが、10.5インチなので大きさが異なります。

どちらかといえばiPad Pro 10.5インチと比較するのが良いかもしれませんね。

ちなみにiPad Pro 10.5インチは悲しみを背負ったiPadで、発売から一年と四ヶ月ほどでメジャーアップデートしたiPad Proが発売されてしまいました…

iPad miniについて

完全にAppleから見放された機種だと思っていたのですが、満を持して新型iPad miniが発売されました。

このサイズのタブレットはApple製品ですとiPad mini 4しか比較対象になりえません。

そして、iPad mini 4が3年以上前の製品であることを考えると、わざわざmini 4を買う必要は皆無と言っていいでしょう。

また、新型iPad miniは4では対応していなかったApple Pencil(第一世代)に対応しています。

第二世代のApple Pencilには対応していないので、店頭での購入の際は必ず「Apple Pencilの第一世代が欲しい」か「新型iPad miniで使う予定である」ということを伝えてください。

タブレットが欲しいけれど「9.7インチはちょっと大きいかな」と思う方は何も迷わずに新型iPad miniを購入すべきです。

比較してみる

iPad Air

機種AirPro(9.7)Pro(10.5)Pro(11.0)iPad(6Gen)
発売日2019/03/182016/03/212017/06/062018/10/302018/03/27
大きさ10.5インチ9.7インチ10.5インチ11インチ 9.7インチ
CPUA12A9XA10XA12XA10
メモリ3GB4GB4GB4GB2GB
厚み6.1mm6.1mm6.1mm5..9mm7.5mm
重さ456g437g469g468g469g

さて、気になるのは「それぞれのCPUはどういう順番で性能がいいのか」ということである。

基本的には新しい方が性能がいいはずだが、どのくらい差があるかは知っておきたいのです。

それについてはiOS向けのベンチマークで有名なGeekbenchがデータを公開してくれているのでそれを参考にすることにします。

機種AirPro(9.7)Pro(10.5)Pro(11.0)iPad(6Gen)
CPUA12A9XA10XA12XA10
シングルコア48062972391650063484
マルチコア1160749879345179015935
値段5480045800698008980037800
コスパ0.2110.1080.1330.1990.157

さて、それぞれのiPadのモデルについて1円あたりの性能をコスパとして求めてみました。

コスパの値が大きければ大きいほど「1円あたりの性能が高い」ということなのでよりお買い得ということになります。

そしてその計算の結果わかるのは、圧倒的なまでのiPad Airのコスパの高さです。

単純な比較では上位モデルのiPad Pro(11.0)に立ち打ち出来るはずもありませんが、コストパフォーマンスという面で見れば上位モデルに勝っているというのは驚くべきことです。

iPad mini

機種iPad miniiPad mini 4
発売日2019/03/182015/09/09
CPUA12A8
メモリ3GB2GB
シングルコア48061665
マルチコア116072859
値段4580045800
コスパ0.2530.0624

新型iPad miniはCPUがA12ということがわかっているだけなので、確認されたiPad11,2のスコアがiPad AirのものなのかiPad miniのものなのかわからないのですよね。

iPad miniの方はバッテリーの関係からiPad Airよりもクロック数を下げると思われるので10%程度スコアが下がる可能性がありますが、それでもiPad Air並にコスパがいいのは間違いないと思われます。

結局どれを買えばいいの

もし、あなたが新しくiPadを買いたいと思うのであればどれを選ぶべきでしょう?

ちなみに、iPad miniが欲しい場合は議論の余地がないのでさっさと買ってしまいましょう!!

Air vs Pro(10.5)

機種AirPro(10.5)
サイズ10.5インチ10.5インチ
厚み6.1mm6.1mm
Apple Pencil第一世代のみ第一世代のみ
カメラ性能800万画素
1080pビデオ撮影
1200万画素
2160pビデオ撮影
スピーカー2基4基
マルチコア性能116079345
値段5480069800

AirとPro(10.5)の物理的なサイズは全く同じです。

どちらもApple Pencilは第一世代にしか対応していないので、この点でも両者に差はありません。

カメラの性能はProに軍配が上がりますが、800万画素でも十分という考え方はできます。

単純な性能ではAirの方が高く、値段も1万5000円くらい安いので特にProにこだわりがないのであればAirを選択するのが無難。

Air vs Pro(11.0)

機種AirPro(11.0)
サイズ10.5インチ11.0インチ
厚み6.1mm5.9mm
Apple Pencil第一世代のみ第二世代にも対応
カメラ性能800万画素
1080pビデオ撮影
1200万画素
2160pビデオ撮影
スピーカー2基4基
Touch IDありなし
Face IDなしあり
マルチコア性能1160717901
値段5480089800

この二製品は全く異なるので、Proにしかない機能が必要かどうかでどちらを購入するか決めるのが良いでしょう。

大きさは多少異なるものの、ほとんど同じと言っていいでしょう。

ただし、デザインは全く違うのでどちらが自分の好みかはしっかりと吟味する必要があります。

あとは第二世代のApple Pencilに対応しているかどうかも大きな違いになります。

第一世代第二世代
表面光沢マット加工

円型角型
重さ20.7g20.7g
長さ175.7mm166.0mm
直径8.9mm8.9mm
ペアリングプラカード方式無線接続
充電プラカード方式マグネット接続
値段1080014500

プラカード方式というのはあのジョブズが墓から蘇って飛び膝蹴りをかますんじゃないかって思うくらいにダサいアレのことです。

画像を貼るのもはばかられるので、知りたい方は検索してみてください。

Air vs iPad(6Gen)

機種AiriPad(6Gen)
サイズ10.5インチ9.7インチ
厚み6.1mm7.5mm
Apple Pencil第一世代のみ第一世代のみ
カメラ性能800万画素
700万画素リアカメラ
800万画素
120万画素リアカメラ
解像度2224×16682048×1536
マルチコア性能116075935
値段5480037800

この二製品も大きさについては殆ど変わりません。

iPad Proとは違って見た目のデザインもほとんど同じなのであまり気にしなくて大丈夫です。

性能自体は倍ほどAirの方が良いですが、17000円ほど高いので値段にかけるだけのパフォーマンスが必要かどうかで判断すると良いでしょう。

Airだけにある機能というのがないので、単純に自分の使いたいアプリがハイスペックな性能を必要としているかどうか調べましょう。

まとめ

自分が持っているのはiPad Pro 9.7インチで「流石にiPad(6Gen)には性能勝っているんだろ」と思っていたのですが、8割ぐらいのスペックしかなくてびっくりしました。

これ、買ったときに8万円くらいしたのに最新版の4万円以下の製品にスペック負けるとか…ぐぬぬくやしい。

新しいiPadは欲しいなと思う一方、旧式のTouch IDが好きなのでiPad Proはちょっと敬遠したいんですよね…

かと言ってやっぱりApple Pencilの第二世代には対応してほしいという…

Airが第二世代のApple Pencilに対応していたら嬉しかったんですが、まあそれは高望みというやつですね。

どちらにせよ、新型iPad Airはお買い得商品なので買いたいのであれば買ってしまいましょう!!

シェアする