no-image

THEOS #tweak開発

Tweak開発をやってみる

以下、すごく役に立った参考文献になります。

http://jontelang.com/guide/chapter1/introduction.html簡単なチュートリアルが載っていてすごく便利。

スライドバーのテキストを変更する

ロック画面の「slide to unlock」を変えてみる。
Tweak.xmの内容を書き換えるだけ。

コード1

#Tweak.xm
%hook SBLockScreenView
- (id)_defaultSlideToUnlockText
{
    return @"Jailbreak!";
    }
%end


せっかくなのでソースコードを残しておきます。再現できないと困るので。

コード2

基本的には同じ。

#Tweak.xm
%hook SBLockScreenView
- (void)setCustomSlideToUnlockText:(id)arg1
{
    arg1 = @"Jailbreak!";
    %orig(arg1);
    }
%end


こちらでもちゃんとロックスクリーンの文字が変わります。やったね!

関数

それぞれの関数型に対してどんなhookを書けばいいのかを学びます。

BOOL型

%hook headernamehere
- (BOOL)method{
return YES;
or
return NO;
}
%end

FLOAT型

%hook headernamehere
- (float)method{
return 1.47
or
return (insert some decimal)
}
%end

VOID型

どうするのかよくわかってない。

ID型

上に例があるけど、どうするのかよくわかってない。

まとめ

今回は単純にSpringBoardに対してhookするコードしか書けていないので次は個別のアプリに対していろいろチャレンジしてみようと思います。