Nintendo SwitchにオススメできるSDカード

microSDが必要な理由

Nintendo Switchは内部メモリが32GBしかないため、ダウンロード版のゲームをいくつも保存しようとするとすぐにいっぱいになってしまうという問題がある。
このとき、microSDを別途用意することでmicroSDにゲームを保存することができるのだ。では具体的にどのくらいの容量のものを買えばいいのだろうか?
どの程度ゲームを買うかにもよるのだが、個人的には64GBをオススメしたい。というのも、64GB以上だと規格がSDHCからSDXCに変わるためである。当然SDXCの方が新しくできた規格なので性能が良い(あっているはず)。それに32GBではちょっと足りないという場面は多いが、64GBでちょっと足りないということは殆ど無い。64GBでちょっと足りないというような場面になるユーザは最初から128GBを買っているからだ。

家電量販店で勧められているSDカードは買うな

なぜか?
その理由は主に2つ。
1つは異常に高いから。
SDカードは種類にもよるが1GBあたり50円~100円が相場である。しかも100円もするような商品は最もハイグレードな商品である。

ところがとある家電量販店ではこの強気の値段設定である。これは1GBあたりの単価が184円もあり、ボッタクリというほかがない。microSDは価格あたりの重さが非常に軽いので大量に仕入れることができ、在庫もほとんど圧迫しない。SDカード自体の需要がかなりあるので、これで儲けられれば~という企業の魂胆が垣間見える。要するにローリスクで利益が見込める商品なのだ。

それぞれの数字とか表記の意味

  • SanDisk
    メーカーの名前。
  • Ultra
    SanDiskがつけている自社製品のグレード
  • 64GB
    microSDの容量
  • XC
    microSDXCという規格(64GB以上であれば必ずmicroSDXCとなる)
  • 1
    Ultra High Speed(UHS)の略で通常のClassよりもより速い。1の場合は最低でも10MB/secの転送レートを保証しており、2の場合は30MB/secを保証している。
  • 10
    Class10というSDHCなどで使われていた転送速度の速さを示したもの。SDXCはほとんどUHSに対応しているのでここが10でない製品はすべてゴミである。
  • A1
    アプリケーションパフォーマンスクラス仕様。下のリンクを参照していただけると助かる。要するにランダムリードとかライトに強いので、細かいファイルを沢山読み込むのが得意という意味。

https://www.sdcard.org/jp/developers/overview/application/index.html
2つ目の理由は読み込み速度しかみていないから。
断っておくが、読み込み速度はもちろん大事である。microSDにゲームを保存した場合、むしろ大事なのは読み込み速度と言って良い。
しかし、これは保存するのがゲームだけの場合である。Nintendo Switchには動画保存機能があるので、自分のプレイをリプレイとして保存する場合も多々あると思われる。このときに必要なのは読み込み速度ではなく、書き込み速度である。いくら読み込み速度が速くても書き込み速度が遅いと動画の保存が遅くてイライラしてしまう。場合によっては1分くらい保存に時間がかかる場合もある。
動画を頻繁に保存する人は書き込み速度に重点を置いてほしい。

これは上記と同じmicroSDの製品スペックであるが、読み取り速度しか書かれていないのがわかるだろうか。要するに、書き込み速度まで書いたら購買意欲がなくなってしまうような商品なのである。

買うべきSDカード


読み込み速度: 100MB/s
書き込み速度: 90MB/s
性能には全く申し分のない製品である。

読み込み速度: 100MB/s
書き込み速度: 60MB/s
えむいーさんが購入したのがこれ。SanDiskのものより買い込み速度は落ちるがその分値段は安くなっている。
注意していただきたいのが、同じSamsung製のmicroSDのEVO Plusグレードでも2017年以前のモデル(MB-MC64DA/FFP)は最大書き込み速度が20MBのゴミである。きちんと型番MB-MC64GA/ECOを確認してから購入していただきたい。
これを使ってみた感想なのだが、以前のゴミSDカードに比べて動画の保存にかかる時間が非常に軽減された。動画保存でストレスを感じることも全くなく非常に良い買い物をしたと思っている。ぜひとも皆さんにこの商品をオススメしたい。
ちなみにSamsungのSDカードのグレードはEVO, EVO Plus, PRO, PRO Plusという4段階になっている。

パソコンに保存するために

せっかく録った動画だが、いくらSDカードの容量があったとしても動画自体を別のデバイスに移動させたいときもあるだろうし、容量が埋まってきたときにはやはり別の移動先(具体的にはHDDなど)を確保する必要がある。そのときにSDカードを読み込んでパソコンにデータを移動させる必要があるのだが、このときにも注意が必要である。
注意点は以下の3つである。

  • パソコンの保存先がHDDかSSDか
  • USB3.0に対応したカードリーダ
  • USB3.0に対応したケーブル
  • USB3.0に対応したコネクタ(パソコンの)

最近SDカードの転送速度がどんどん速くなっているのでパソコンの仕様によってはせっかくの速い転送速度が宝の持ち腐れになってしまう可能性があるからだ。
具体的には、移動先がHDDだと転送速度的にはギリギリな場合が多い。SSDを搭載したPCが望ましい。ノートパソコンであればSDカードを読み込むためのスロットが付いている場合があるが、デスクトップパソコン(特に自作の場合)はついていないことも多い。そのときに当然カードリーダを書く必要があるのだが、ここでUSB3.0対応のものを購入することを強くオススメする。
なぜならUSB2.0は60MB/sまでの転送速度しか出ないからである。その点USB3.0であれば転送速度は600MB/s程度まで確保可能であり、現在のところここまで速いSDカードはないのでこれさえ対応していれば今の所困ることはない。


カードリーダはUSB3.0対応のものはこれが最も有名なのでこれをオススメしておく。ケーブルに関して言えば、これを購入すればちゃんとUSB3.0対応のケーブルがついてくるので問題ない。
最後に、パソコンのコネクタがUSB3.0に対応している必要がある。これは以下のURLで確認してもらえればわかるが、コネクタ部分が青い場合はUSB3.0に対応している。
価格.com - 高速データ転送が頼もしい!USB3.0特集
転送最大転送速度5Gbps(規格値)のUSB3.0対応製品をランキング順にご紹介。パソコン周辺機器の見直しで、快適なパソコン環境を手に入れましょう。USB3.0対応製品の購入をご検討されている方はぜひご活用ください。
せっかく速いSDカードを買ったのだから、その性能を十分に活かして欲しい。

おまけ



見た目がほとんど同じなのに値段が6倍近くも違うって一体どんな業を背負っているんでしょうか…?

シェアする