えいむーさんは明日も頑張るよ

静電容量キーボードが欲しければAKEEYOを買うべきな理由

価格

静電容量キーボード

キーボードの種類には色々あるのだが、概ね以下のモデルが主流となっている。

  • メンブレン
  • メカニカル
  • パンタグラフ
  • 静電容量無接点

このうち、パンタグラフ式は主にラップトップで使われるので、デスクトップ向けのキーボードはメンブレン、メカニカル、静電容量無接点の三つです。

では、それぞれのキーボードについて大雑把に解説します。

メンブレン式

  • キー全体を覆うゴムがある
  • 安い(2000~3000 円)
  • ゴムが劣化するとチャタリングを起こす
  • ゴムなのでキーを押し込む必要がある

安かろう悪かろうなメンブレン式ですが、キーボードにこだわりがないならば十分選択肢になります。

チャタリング

簡単に言えば一回しかキーを押していないのに複数回入力されてしまう状態。

メカニカル式

  • キーごとにスイッチがある
  • それなりの値段がする(5000~15000 円)
  • 軸でカスタマイズできる
  • 耐久性が高い

軸と呼ばれるスイッチがそれぞれのキーに利用されている。

メンブレンが全体にゴムシートが一枚だけあるのに比べれば、キーの数だけスイッチがあるのでコストがかかりますが、逆に言えば一つ壊れてもそれだけ修理すれば良いことになります。

タイピングなどを頻繁に行う方は少し高いですが最低でもメカニカル式を買っておくと良いと思います。

軸はいろいろありますが、青軸はめちゃくちゃうるさいので赤軸か黒軸がおすすめです。

キーボードは FILCO のものが有名ですが、未だに Mini USB を採用するという頭のおかしい仕様を続けているので注意が必要です。

静電容量無接点式

  • 物理的な接触がないので耐久性が高い
  • めちゃ高い(20000~30000 円)
  • 打鍵感が独特

と、基本的にはメカニカルと似たような感じです。打鍵感が特徴的なので一度これに慣れると他のキーボードでは違和感があったりします。

この静電容量無接点方式は値段が高いこともあってそもそもラインナップがあまり豊富ではありません。

日本で静電容量無接点方式のキーボードを買おうとすると東プレの REALFORCE シリーズか HHKB かのどっちかの選択肢になることが多いです。

ではなぜぼくが REALFORCE や HHKB を選択しなかったのか、それについて詳しく解説しようと思います。

何故 AKEEYO か

メカニカル式の大御所の FILCO も含めて比較してみます。

FILCE の欠点

  • ダサい(ひどすぎる)
  • Mini USB 採用
  • 単三電池式
  • 63 キーモデル(英語配列)、66 キーモデル(日本語配列)しかない

コンパクトサイズモデルだとFFBTR63MRL/ESG (opens new window)の軸違い、配列違いしかないのですが、デザインがあまりにもひどいです。

いや、これほんとデザインチームがよく GO サインだしましたね??BS を BACKSPACE と全部大文字で書いているところとかダサさがヤバいんですが(本来、ヤバいなんて言葉あまり使いたくないのですが)、ヤバいとしか言いようがないです。

生産終了してしまっているのですが、同じく無線と有線両対応のFFBT67MRL/EB (opens new window)はキー配列もまともでデザインも良かったのになんでこんな事になってしまったんでしょうか...

単三電池は何故か日本のメーカーは採用しがちなので置いとくとして、Mini USB とかいうオワコンレガシーインターフェースを使い続ける理由が本当にわからないです。

DIP スイッチで一部のキーは切り替えできますが、全てのキーに任意のマップを割り当てることはできません。ただ、CHERRY MX 軸なのでカスタマイズ性は高いです。

REALFORCE の欠点

  • コンパクトサイズがない
  • 単三電池式
  • 独自のキーキャップ

自分が REALFORCE を選択しなかった理由は単純で、テンキーレス、フルキーボードの二つのキーボードサイズしか用意されていないことです。

いい感じのやつだとR3HD11 (opens new window)とかが該当するのですが、ワイヤレス時に単三電池を使わなければいけないのがダサいです。

モバイル向けのキーボードなら新品のものに換えれば使えるので電池式もわかるのですが、これはどう考えても自宅で使うようなので乾電池にする意味がわからないです。リチウム充電池とか使えばいいじゃないですか、謎。

USB 接続時は USB-C を採用するのは FILCO と違ってまともな企業だなという感じがしますね。まあでもコンパクトサイズがないので候補にならないのですが。

あと、独自キーキャップを使っているのも地味にめんどくさくて、キーキャップを紛失、破損した場合に公式サイトから買うしか選択肢がないです。

世界的にはほとんど CHERRY MX 軸が採用されているのでなんでわざわざ独自仕様にしたのかわからないです。

HHKB の欠点

  • ダサい
  • 単三電池式
  • 独自のキーキャップ
  • 60 キーモデル(英語配列), 69 キーモデル(日本語配列)しかない

HHKB の欠点もほとんど REALFORCE と同じ感じです。コンパクトサイズがあるのはいいのですが、英語配列の場合は矢印キーまでなくなっています。

いや、それはなくさないでほしいんですよね...

Vimmer なのであんまり方向キーは使わないのですが、いざないと困ります。一応 Fn キーで対応できはするのですが、普通に物理キーで実装されている方がいいです。

USB 接続が USB-C なのはポイント高いですが、単三電池採用なので総合でマイナスです。なんでみんなそんなに単三電池好きなんですか?

PD-KB800BS (opens new window)あたりが有線と無線対応でいい感じがするのですが、電池入れるところが飛び出ているのがダサすぎてヤバいです。きっとこれをデザインした人は妻子を人質に取られていたか、喉元にナイフを突きつけられていたかのどっちかですね、間違いありません。

独自キーマップをキーボード自体に保存できるのはとても良いです。FILCO のキーボードではそれができないので、価格差は伊達ではなかったなという印象。

ただし、キーキャップは独自仕様なので REALFORCE と同じくカスタマイズ性は皆無。

有線のみであれば比較的まともなのでこれであれば方向キーがないことを許容できるなら十分選択肢になるでしょう。

AKEEYO の利点

さて、ここまでの他のキーボードの欠点を振り返ってみましょう。

  • 見た目がダサい
    • HHKB
  • Mini USB というオワコンレガシーインターフェース採用
    • FILCO
  • 充電式だと単三電池を強要される
    • FILCO, REALFORCE, HHKB
  • 独自キーキャップ採用
    • REALFORCE, HHKB
  • キー配列が選択肢がない
    • FILCO, REALFORCE, HHKB

という感じでしたが、AKEEYO はどうでしょうか??

  • 見た目
    • 若干キーキャップがダサいが交換可能
  • USB-C 採用
    • ダサさとは無縁
    • しかも接続部を隠すことができる
  • 充電式
    • リチウム充電池採用
    • USB 接続時に充電される
  • キーキャップ
    • CHERRY MX 採用
  • キー配列
    • 66, 68, 82, 84, 87, 108 と豊富な選択肢
  • 全キープログラム可能
    • ソフトでキーボード自体にキーマップを保存可能
    • 独自割当と標準割当を切り替え可
  • ワイヤレス接続
    • 三台まで登録可
    • BT だけど独自ドングル必要(付属します)

NIZ ホワイト 静電容量ワイヤレスキーボード 35G (opens new window)

唯一にして最大の弱点は英語配列しかないことでしょう。どうしても日本語配列が利用したい人にはここだけがネックになります。

あとは、コンパクトモデルは白色しかないのも、黒系が好きな人にはデメリットになるかもしれません。

しかしそれ以外はまるで「ぼくの考えた最強のキーボード」をそのまま形にしたようなハイスペックです。キー配列だけで六種類もあるの強すぎですね。なんで他のメーカーはこれをしないんですか????

ちなみに上には書いていませんがバックライトの有無もオプションで選べます。三色に光ってダサいので自分はナシモデルにしましたが。

標準ではキーの重さは 35g なのですが、付属のスプリングを入れれば調整できます。全キー分はないので、全部変えたい場合は別途スプリングを買う必要がありますが、大した問題ではないでしょう。

あと、無線は内部的には BT だと思うのですが普通の BT 接続はできませんでした。必ず付属のドングルを使う必要があります。これが USB-A なので Mac Studio で使うと二つしかない USB-A ポートを一つ食いつぶしてしまうのでちょっと困りました。

キーキャップも PBT なのでマットな感じで良いです。あと、最近発売のモデルは 66 キーモデルであっても 108 キーモデルと同じ方向キーの印字になっています。もともとの印字がダサかっただけに、これは良い点でした。

あと、USB 接続時に差込口がキーボードの下に隠れるのでめちゃくちゃ見栄えが良いです。ケーブルも正面だけでなく左右のどちらかから出せるのでそういう見栄えの気配りがされているのが非常に良かったです。

更に中華業者にありがちな絶対こんなに使わないだろ感があるショートカットキーが面白いです。キーマップ変更は単純なキーマップだけでなく、キー組み合わせに対しても行えるので可能性は無限大です。

結論

正直、英語配列コンパクトモデルのキーボードが欲しければ、現状 AKEEYO 以外は候補足り得ないと言っていいでしょう。

唯一 HHKB の Professional Classic くらいが対抗馬になるかなといった感じです。それ以外は論外です。

AKEEYO を買うべき人

  • 英語配列を使う
  • 無線接続がほしい
  • 方向キーがほしい
  • 白色でもよい

そんな方にはNIZ ホワイト 静電容量ワイヤレスキーボード 35G (opens new window)がおすすめです。

HHKB を買うべき人

  • コンパクトモデルが良い
  • 方向キーは不要
  • 黒色が好み

そんな方にはHappy Hacking Keyboard Professional Classic 英語配列/墨 (opens new window)がおすすめです。

REALFORCE を買うべき人

  • 日本語配列を使う

そんな方にはR3 KEYBOARD / R3HD11 (opens new window)がおすすめです。

英語配列であれば AKEEYO がほとんど REALFORCE の上位互換なので選択肢にはなりません。AKEEYO の黒モデルは色がダサいですが、キーキャップを付け替えれば良いだけなので。

記事は以上。

価格
    えいむーさんは明日も頑張るよ © 2022